葬儀に出る際、服装のマナーがあります。

葬儀に出る際の服装のマナー
葬儀に出る際の服装のマナー

葬儀に出る際の服装のマナー

葬儀に出る際、服装のマナーがあります。喪服を着れば良いのではと考えている人もいるかもしれませんが、実は葬儀にはいくつかマナーがあります。今日はそんな葬儀に出る際の服装のマナーをお話ししていきましょう。葬儀には基本的に喪服を着ていきます。但し、喪服にも実は色々種類があります。この喪服には正喪服と準喪服というものがあり、出席者は遺族よりも格式の高い服装をしてはいけません。

基本的に遺族側は正喪服を着用します。正喪服の種類には、男性であればモーニングや和装、女性であれば和服やブラックフォーマルになります。では準喪服ではどうでしょうか。こちらの場合は男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルになります。また、この準喪服は遺族側も着る人も多く、男性のブラックスーツの場合、一般的な黒のスーツではなく、礼服用のスーツになります。女性は黒のワンピースやアンサンブルなど着用します。また、女性のパンツスーツがありますが、正礼装には入らず、準喪服になります。また、持ち物にも色々マナーがあり、あまり派手な物は避けるようにしましょう。やはり社会人になるとその様な服装のマナーも大切になるので、しっかり覚えておきましょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2017葬儀に出る際の服装のマナー.All rights reserved.